未分類

ドコモ光の契約方法・申し込み~開通までの流れと注意点を解説!

ドコモ光を契約・申し込みする前に確認すべきこと

ドコモ光を申し込む前に、確認すべきポイントと用意しておくべきものが6点あります。

下記にまとめましたので、それぞれ確認しておきましょう。

自分または家族がドコモユーザー?

ドコモ光は、ドコモユーザーでなくても使えるけれど、割引が適用できないのであまりお得感がありません。自分または家族がドコモユーザーでない場合は、別の光回線を選ぶことをおすすめします

ドコモ光のプロバイダはどこにする?

ドコモ光は、24社のプロバイダから好きなところを選べます。

選択肢が多いのは良いことなのですが、その反面、どうやって選んだらよいか迷ってしまいますよね・・・。

ずばり言ってしまうと、おすすめは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBのメリットは、安くて速いこと。

ドコモ光プロバイダはタイプA/Bに分かれているのですが、タイプAの方が月額200円安いです。

タイプA⇒戸建て:5,200円 マンション:4,000円
タイプB⇒戸建て:5,400円 マンション:4,200円

では、高い分タイプBの方が優れているポイントがあるかというと、特にありません。なので、基本的にはタイプAプロバイダから選んだ方がお得です。

もちろんGMOとくとくBBはタイプAのプロバイダです。

また、GMOとくとくBBは高速通信のv6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)に対応しています。

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6というのは、フレッツ光や光コラボ回線が混みあってしまうポイントを迂回して、インターネット通信ができる仕組みです。IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6の仕組みを使ったサービスはいくつかあり、その中の1つがv6プラスです。

v6プラスなどのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6については下記ページが詳しいです

同じドコモ光でも、v6プラスなどのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6に対応しているプロバイダかどうかで、回線速度が大きく変わります。

GMOとくとくBBなら、v6プラスに無料で対応していて、しかも、約1万円ほどのv6プラス対応Wi-Fiルーターも無料でレンタルできます。

実際に僕の家でもGMOとくとくBBのドコモ光を利用していますが、混雑する夜間でも下り300Mbps近く出ていますし、タイプAプロバイダでルーターレンタルも無料なので安く使えています。

特にプロバイダにこだわりがない方なら、GMOとくとくBBを選んでおけば間違いないと思います。

どの窓口から申し込む?

ドコモ光の申し込みができる窓口は、下記のようにたくさんあります。

  • ドコモショップ
  • 家電量販店
  • ドコモ光公式サイト
  • プロバイダ公式サイト
  • ドコモ光代理店サイト

どこから申し込んでも、ドコモ光公式キャンペーンの内容は同じです。

ただし、窓口によっては独自のキャンペーンを行っているところもあるので、ちゃんと選ばないと損になることもあります。

おすすめはGMOとくとくBB(プロバイダ)の公式サイトです。

先述したv6プラス対応Wi-Fiルーターの無料レンタル特典や、GMOとくとくBB公式サイト限定のキャッシュバックなど、お得なキャンペーンを実施中です。もちろん、ドコモ光公式キャンペーンと併用可能です。

GMOとくとくBBの公式サイトから申し込んだ場合にもらえる特典(2019年10月時点)

  • 5,500円(オプションなしの場合)~最大20,000円(指定オプション加入時)キャッシュバック 【GMOとくとくBB独自CP】
  • 訪問設定サポート1回無料 【GMOとくとくBB独自CP】
  • セキュリティソフト(マカフィー)1年間無料 【GMOとくとくBB独自CP】
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料 【GMOとくとくBB独自CP】
  • dカード GOLDも申し込みでGMOポイント15,000円相当プレゼント
  • 工事費無料キャンペーン 【ドコモ光公式CP】
  • dポイント1万円相当プレゼント 【ドコモ光公式CP】
  • 携帯電話も他社からドコモへ乗り換えで、他社違約金還元 【ドコモ光公式CP】

逆に、ドコモ光公式サイトやドコモショップで申し込んだ場合は、ドコモ光公式キャンペーンしかもらえません。

他のプロバイダや代理店などでも独自キャンペーンを行っていますが、比較すると、GMOとくとくBBがお得です。

ドコモ携帯の電話番号

ドコモ光申し込み時に、ドコモ携帯の電話番号と紐づけします。
特に、ネットからドコモ光を申し込む際には、ドコモ携帯の電話番号を必ず伝える必要がありますので、すぐにわかるようにしておきましょう。

ドコモ光設置場所の住所

ドコモ光を使う自宅の住所も用意しておきましょう。

これから引っ越す場合、引越し先の住所でもOKです。

(現在フレッツ光を利用中の方のみ)転用承諾番号・フレッツ光の契約情報

現在フレッツ光を利用中で、ドコモ光に乗り換える場合は、「転用」ができます。

転用というのは、工事不要・フレッツ光の解約金不要で、フレッツ光⇒光コラボへ乗り換え出来る制度です。

転用の場合は、転用承諾番号とフレッツ光の契約情報(フレッツ光の契約名義・フレッツ光のプラン名)も必要になります。

転用承諾番号はNTT東日本/NTT西日本のホームページ、もしくは、電話で取得できます。

ホームページ

NTT東日本⇒https://flets.com/app4/input/index/

NTT西日本⇒http://flets-w.com/collabo/

※受付時間:8:30~22:00

電話

NTT東日本⇒0120-140-202

NTT西日本⇒0120-553-104

※受付時間:9:00~17:00

ドコモ光の契約・申し込み~実際に開通するまでの流れ

①ドコモ光を申し込む(GMOとくとくBBのドコモ光公式サイト)

GMOとくとくBBのドコモ光公式サイトへアクセス

専用フォームから申し込み

②GMOとくとくBBからの折り返し電話で料金プランやキャンペーンの案内を受ける

申し込み後、GMOとくとくBBから電話がかかってきます。

その電話で、料金やキャンペーン内容などの案内がありますので、不明点などがあれば併せて確認しましょう。

内容に問題がなければ、そのまま申し込みとなります。

③工事希望日を決めてドコモ光サービスセンターへ電話

申し込みが完了したら、次は工事の日程を決めます。

工事の希望日を決めて、ドコモ光サービスセンターへ電話しましょう。

もし希望の日程で予約が取れなかった場合は、別の日時に変える必要があります。

④工事日当日までに「開通のご案内」などが届く

工事日当日までに、契約内容などが書かれた「開通のご案内」が郵便で届きますので、内容に間違いがないか確認しておきましょう。

また、GMOとくとくBBでv6プラス対応Wi-Fiルーターレンタルを申し込んだ場合は、工事日前に届きます。ただ、工事が完了するまでは使えないので、開通工事を待ちましょう。

※工事日前にルーターを受け取るには、下記のような条件があります

  • ドコモ光の支払い方法がクレジットカード払いであること
  • ドコモ光の開通工事日の前日までにルーターを申し込むこと

⑤開通工事を実施

予約した日時に、NTTの工事員が訪問し、開通工事を実施します。

ドコモ光の場合、宅内工事と屋外工事を同時に行います。

必ず立会いは必要になりますが、契約者本人でなくてもOKで、家族や友人が代理で立ち会っても大丈夫です。ただし、光コンセントの場所や、PCを使いたい場所などを聞かれるので、代理で立ち会ってもらう場合は事前に伝えておきましょう。

だいたい30分~1時間程度あれば終わります。

⑥開通

工事が終われば、その時点で、ドコモ光は開通済みです。

⑦初期設定をする

開通工事が終わったら、自分で初期設定を行います。

ただし、GMOとくとくBBのように、v6プラスなどのIPv6 IPoE + IPv4 over IPv6対応プロバイダの場合は設定不要で、ONUとWi-Fiルーターを接続するだけでインターネット接続できます。

また、GMOとくとくBBのホームページから申し込んだ場合は、訪問サポートが1回無料で使えますので、自分で設定するのが難しい方は利用しましょう。

⑧(他回線から新規契約で乗り換えの場合のみ)乗り換え前の回線・プロバイダを解約する

他のネット回線・プロバイダから乗り換えた場合は、ドコモ光でインターネット接続できることを確認した後、乗り換え前の回線・プロバイダを解約しましょう。回線だけ解約して、プロバイダの解約を忘れてしまうミスも多いので気をつけてください(僕はやりました)。

フレッツ光からドコモ光に転用した方、他の光コラボからドコモ光に事業者変更した方は、回線は自動的に解約されるので手続き不要です。プロバイダの解約が必要かどうかは、場合によるので、利用していたプロバイダに確認してください。

注意すべきポイント

GMOとくとくBB サービス規約/GMOとくとくBB『ドコモ光接続』サービス 重要事項説明をチェック

GMOとくとくBBのドコモ光に関する規約と重要事項説明書は下記ページにあります。

申し込みをするには、こちらの内容に同意する必要がありますので、注意しましょう。

GMOとくとくBB サービス規約⇒https://gmobb.jp/agreement/docomohikari.html
重要事項説明書⇒https://gmobb.jp/service/docomohikari/attention/

Wi-Fiルーターレンタルサービスは申し込みが必要

GMOとくとくBBの、v6プラス対応Wi-Fiルーター無料レンタルサービスを利用するには、BBnaviから申し込みが必要になります。自動的に適用されるわけではないので、注意してください。

また、Wi-Fiルーター申し込み後に機種を変更することはできません。

その他の注意事項は公式サイトでチェック

その他の注意事項は、GMOとくとくBBのドコモ光公式サイトに記載されていますので、申し込み前にチェックしておきましょう。

https://gmobb.jp/service/docomohikari/